社会福祉法人 晃栄会 足立このみ保育園
BLOG

園長ブログ

3歳児 色々なことをしています。

【クレープ屋さんになったよ!】

「好きな食べ物は?」

と聞かれると

「イチゴ!」や「バナナ!」

と甘い果物が大好きなゆり組さん。

画用紙のクレープにクレヨンでホイップを塗りました。

先生が

「もう真っ白になるよ」

と聞くと、

「まだまだ塗るの!」

と大好きなホイップクリームをたくさん塗り、

その上にバナナ、ミカン、イチゴ、キウイのいろいろなフルーツを

たくさんのせてクレープを作りました!

自分がクレープ屋さんになったようなイメージで

顔や髪の毛を描きました。

「おいしそう~!」

とチョコレートも作ってクレープと一緒に並べて完成させました。

【保育園に鬼がやってきた!】

節分の日に鬼が来るかもしれないと知ると、

「どんな鬼が来るかな~」

とワクワクしたり

「怖いよ~」

と緊張する様子のゆり組さん。

大きな画用紙で鬼のお面を作り、

顔や髪の毛を付けると鬼になりきって被っていました!

豆入れも作り、

鬼を退治するために新聞紙を小さく丸めて豆を沢山入れて…

いざ!鬼を退治しに向かいました!

鬼が出てくると勇敢に立ち向かう姿や

ポロポロと涙を流す姿のゆり組さんでした。

福の神が出てくると安心したように

ニコニコ笑顔で紙吹雪を集めていました!

【発表会頑張ったよ!】

ゆり組になって保育園初めての発表会。

運動会では、

「上手く踊れなくて悔しい…」

と言っていた子もいて発表会はやる気満々で練習に取り組みました。

ゆり組さんは合奏、斉唱、お遊戯を披露しました。

「おうちの人にかっこいい姿を見て貰いたい!」

という思いで見本の先生を見て楽器を叩いたり、

踊ったりして一生懸命頑張りました!

本番では少し緊張していた様子でしたが、

素敵な発表をおうちの人に見て貰い

とても喜んでいたゆり組さんでした!

ブログ担当職員

発表会

発表会当日は登園、ホールへの入場、お帰りの際等、

ご協力くださりありがとうございました。

おかげさまでクラスの入れ替え、

各演目を滞りなく進める事ができました。

子どもたちは保護者の皆様に見守られ、

緊張しつつも発表会を楽しんだことと思います。

 

 

今回のブログでは、

発表会の総練習時の舞台裏を紹介していきたいと思います。

ゆり組さん、すみれ組さん、ひまわり組さん、

みんなの様子、表情をお楽しみいただければと思います。

 

【クラスでスタンバイ】

本番に向けて、細かいサイズの調整もしながら

衣装に着替えていきます。

着替え中は俳優さんやアイドルの楽屋裏のように、

着せている側が真剣。

着ている側は結構リラックスしています。

子ども達もまだ本番ではないこともあって、

近くのお友達とお話ししたり、

衣装の見せあいっこをしたりして楽しんでいました。

【幕の後ろでは】

本番同様の並び順で舞台の上に並ぶと、少し緊張感がでてきます。

ですがまだまだ幕が閉まっていることもあり、

舞台裏にいる保育者に話し掛けてみたり、

手を振ってみたりと余裕がある表情です。

【幕があいたら】

幕が開くと、皆きゅっと引き締まった表情に。

合奏、斉唱の方がより緊張感が高まるようで、

総練習の時にも普段とは違うキリリとした表情が見られました。

乳児クラスが観客として見にきていたのですが、

乳児クラスの子たちがぐっと引き付けられられていくような、

素敵な舞台でした。

【先生も全力で、楽しんで】

そして、子ども達の舞台の正面に立っているのが担任の先生。

先生たちは子ども達が楽しく、自信を持って演技ができるように、

全力で笑顔で、子ども達と一緒に踊ったり、

指揮をしたりしています。

舞台裏での様子、楽しんでいただけたでしょうか。

ブログを見ながらどんなことが楽しかった、

大変だった、面白かったなど、

お話しも沢山していただけるといいな。と思っています。

発表会の準備として、衣装、髪型、

その他色々とご協力いただきました事、

保護者の方々に重ねてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

ブログ担当職員

4歳児 何にでも挑戦しています!

【鬼には負けないぞ!】

節分に向けて鬼のお面製作を行いました。

一年間を通してたくさんハサミを使ってきました。

難しい形も切れるようになり、自分で何色の鬼を作りたいか、好きな色を選んで鬼の形に切りました。

鬼の髪の毛は紙の半分に絵の具を付けて折りたたみ、反対側にも同じ模様が付くデカルコマニーに挑戦!

折りたたんだ紙を開いたときには

「反対側も同じ模様になっている!」

ときれいな模様を見て、とても嬉しそうでした。

節分集会の日には少しドキドキした様子でしたが、自分たちで作ったお面をつけて鬼退治を頑張ってくれていました。

 

【ワクワクドキドキ発表会】

発表会ではオペレッタで『てぶくろ』を行います。

朝の会の時間に先生が「今日は何したい?」と聞くと

「オペレッタの練習したい!!」

「合奏練習やる~」

と、練習が大好きな子どもたち。

オペレッタ練習では、役になりきって楽しみながら取り組んでいることもあり、振り付けもすぐに上手になりました。

合奏では友達とリズムが合うととても気持ちがいいようで

「もう一回やりたい」

と言う声がお部屋いっぱいに溢れ、本番の発表会が待ちきれないようです。

【何でも挑戦!!】

最近では縄跳びに興味を持ちはじめた子どもたち。

園庭に出ると

「縄跳びやりたい!」

の声が。一人が始めると、どんどんやりたい子が増えていき、自然にみんなで縄跳びをしていることもあります。

最初はほとんど跳べなかった子も休みの日に練習をしているそうで、今では跳べる子も増えてきました。

ボール投げでは投げ方がぎこちなかった子どもたちも、手で握りやすい玉入れの玉で投げる練習を行うと投げ方のコツを掴んだようで、遠くまで投げられたり、思ったところに投げられるようになってきた子が増えてきました。

年長児のようにドッジボールが出来るようになる事を目標に、楽しみながら頑張っています。

すみれ組での生活もあと少しですね。

たくさん遊んで楽しみながら過ごしていきたいと思います。

ブログ担当職員

節分集会

2月2日。

当日より一足早く、節分集会がありました。

初めに各クラスで作った節分の製作を発表しました。

0.1歳児さんは保育者が作り方を紹介し。2歳児さんからは子ども達が前に出て作り方を発表しました。

各クラス、作り方をマイクに向かい説明していました。

緊張しつつも、しっかりとみんなに頑張った所をお話していました。

 

その後はプロジェクターで節分のお話を見ました。

『鬼』は自分たちの心の中にいて、

泣き虫さんは「泣き虫鬼」

怒りん坊さんは「怒りん坊鬼」

お片付けが苦手な人は「片づけられない鬼」

などなど、自分の治したい所を鬼に見立て、豆を投げて追い出す。

というお話しを聞きました。

最後にみんなで

「鬼はー外、福はー内」と豆を投げる真似をし、心の中の鬼を外に追い出し、「豆まき」の歌を元気いっぱい歌いました。

 

集会が終わった後は各クラスに赤鬼と青鬼がやってきました。

子ども達は怖がりつつも、一生懸命新聞紙で作った豆を鬼に向かって投げていました。

子ども達の頑張りに鬼が降参して慌てて逃げていくと、綺麗な福の神さんが来て幸せになる紙吹雪を巻いてくれました。

子ども達は嬉しそうに紙吹雪を拾って手に握りしめていました。

0歳児クラスさんは鬼がまだまだ怖いので、ひまわり組さんが製作した鬼の仮面を被って遊びに来てくれました。

怖がることなく、嬉しそうにお兄さん、お姉さんの元に近づいて行っていました。

 

今年も無事に鬼を退治し、優しい福の神が来たので子ども達は元気に幸せに過ごせることと思います!

ブログ担当職員

5歳児 色々なことに挑戦しているよ!

【発表会練習】

・保育園生活最後の発表会に向けて、

日々練習に取り組んでいるひまわり組さん。

11月から練習を始めたメロディオンはみんな自信満々!

メロディオンを左手に持って弾くことに

やっと慣れてきたところです。

劇は台詞を大きくゆっくり気持ちを込めて言う練習を積み重ね、

歌も大きな声で歌えるようになってきました。

合奏もそれぞれ自分の楽器に自信をつけ、合奏の音が合ってくると

「今、上手だったね!」

と達成感を味わっています。

【節分製作】

・節分集会に向けて鬼のお面作りと豆箱製作をしました。

お面は、画用紙のどこを持ってどこから切っていったら、

上手に切れるのか考えてから切りました。

鉛筆の線が残らないように綺麗に切るお友達もいました。

鬼の髪の毛の色は自分の好きなお花紙の色を選び、

ねじってかわいいリボンの形にしてから糊付けをしました。

自分だけのオリジナルのお面が完成し、みんな嬉しそうでした。

豆箱は、画用紙を折ったので

「力が必要だね!」

と折り、新聞紙を丸めた豆は

「これぐらいあれば、鬼を退治できるかな?」

と相談しながら作っていました。

【ひらがなのワーク】

就学に向けて文字に興味をもち、

読むこと・書くことを楽しむようになってきました。

読むことは乳児組向けの簡単な絵本を読み、

いつか乳児組さんに読み聞かせに行きたいね~と話しています。

書くことは自分の名前を書けるようになるといいねと

取り組んできました。

塗り絵の裏にお手紙を書いて遊んだり、

書けないひらがながあると

保育室に掲示されているひらがな表を見ながら、書く姿が見られます。

就学に向けて、明日の持ち物を書いて

持ち帰るお友達も増えてきました。

ブログ担当職員